« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/25

癒しの天使

ボクちゃん、天使

天使の存在・・・信じますか?


「一人の人間の一日には、

必ずひとり(?)、その日の天使(?)がついている」

                  
作家の中島らもさんのコトバです。

大丈夫、大丈夫!

こう言ってくれる力は心強いね。


受容と許し

全てを癒すとても偉大な力。


昨日一日がしあわせでいられたなら、

一緒に過ごしてくれた天使にありがとう。


今日一日を共に過ごしてくれる天使には、

「どうぞ優しさを分けてね・・・」


こころの声に耳を傾けてみると

楽しいと感じることが自分らしくいる事だと気付く。


それは自分を許し、廻りに優しくなれること。

大切な今を安らぎのこころでいられること。


自分を許す力は何にも勝る強さにつながるよ。

そして、それはどんなときも不動なんです。

 癒し   精霊

    あなたの中の癒しの天使にありがとう
     にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへCoRichブログランキング

          こころセラピーSmiLyのトップへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/17

エネルギーバランス

600_67a889047d0d49ffb68378740ac1f_2

バランスのいい毎日でありますように・・・


私たちの廻りでは

全てがエネルギーバランスで動いているそう。


生命体や非生命体(物質)、

目には見えないこころまでもが

すべてオンリーワンのエネルギー体


壊れてしまった状態は

バランスが崩れてしまったんだね。


陰と陽、光と影、優しさと強さ、こころと身体・・・


汚れをじっと見つめる力があるから

純粋なこころを持てる・・・


悲しみをしっかり受け止められるから

想いやりのこころを持てる・・・


まったくの対極、

実はつながっている大切なもの。

どちらも欠けたらうまくいかないから。


宇宙とつながってる全てのバランス

ありがとうのこころでひとつにつながるもの。

 癒し   精霊

    ありのままにありがとうのこころを
     にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへCoRichブログランキング

          こころセラピーSmiLyのトップへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/02/11

そばにいるだけで

あたたかさが伝わってくるよ

優しいコトバで笑顔になれる・・・


だけど、時には何も言わなくても

そばにいるだけで

大きな癒しになるときがあるね。


沈黙のとき、それは、

身体と精神と魂が最高のバランスを保てるとき。


そばにいることで

コトバを超えた大きな力となるよ。


それは、目には見えない

神秘なる声なのかも知れないね。

 癒し   精霊

     どうぞ支え合えるベールでありますように
     にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへCoRichブログランキング

          こころセラピーSmiLyのトップへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/05

直感ってすごい

今日は美味しいものを買ってきてくれる氣がする

「あれは氣のせい・・・」って思うこと。


「氣のせい」で過ごしていたことが実は、

ものすごくラッキーなことにつながる瞬間

だとしたら・・・


自分が意識していない、

こころの奥深いとこで感じてるものというのは

直感やひらめきに直結してるそうです。


そして、それは誰もが感じ取れるshine


その声を常に味方につけるために、

素直さと柔軟性を持っていたいね。


例えば、

今日は傘を持って行った方がいいなと思う。


だけど一歩外に出るとお陽さまがあったかい。

やっぱり傘はいらないや。


今日は傘を持っていくと思った感覚を無視して

実際に見て考えた理屈の方を選んでしまう。

せっかく、大切な声が聴こえていたのに・・・


その人にとって

最良の方法を知らせてくれる直感やひらめき。

届けてくれるのは全てを包み込む宇宙。


受け取るためには

どんなときも自分を信じていたいね。


「氣のせい」は

しあわせにつながる大切な直感なんです。

 癒し   精霊

    虫の知らせや胸騒ぎも同じだよね
     にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへCoRichブログランキング

          こころセラピーSmiLyのトップへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »