« こころもバランス | トップページ | 原点に返る »

2008/07/23

愛に包まれている

Sea029_s

「砂の上の足跡」


ある夜、私は夢を見た。


夢の中で 私は神と共に浜辺を歩いていた


空には私の人生のさまざまな場面が

フラッシュのように映し出される


そのそれぞれの場面で

私は二人分の足跡が砂浜についているのを見た


ひとつは私のもの、


そしてもうひとつは神のものだった。


私の人生の最後の場面が映し出されたとき

私はそれまでの人生の足跡を振り返ってみた。


驚いたことに 何度も私の人生の中で

足跡が一人分しかないときが

あることに気が付いた。


そして それは人生でもっとも暗く

悲しい時期ばかりだったのだ。



私は神にたずねた。


神様、あなたはおっしゃいました。


一度私があなたについていくと決めたなら


あなたはずっと一緒に歩いてくださると。


しかし、私がもっともつらい時期に


砂浜には一人分の足跡しかありませんでした。


なぜ私がもっともあなたを必要としている時に


私からお離れになっていたのか


理解できないのです。



神は答えた。


愛しい我が子よ。


私はお前がもっとも苦しい試練の最中にいるときも


決してそばを離れることはなかったのだよ。


一人分の足跡しかなかった時期には


私はお前を抱き上げて歩いていたのだ。


これはメアリースティーブンソンという

14才の女の子が書いた有名な詩です。


私たちは誰もが同じように

神さまから愛されている存在です


一度きりの今を、

自分自身を大切に想えたとき

自分の中の愛の力とひとつになれるのかな。


癒し 精霊

      大切な存在に気付けたら今が楽しい!
      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへブログウオッチ

              こころセラピーSmiLyのトップへ

|

« こころもバランス | トップページ | 原点に返る »

*こころごと ღ」カテゴリの記事

コメント

花姥さんhappy01

過去記事を読んでくれてありがとうshine

この詩を書いたのが14歳の少女だと知ったとき、
実際の年齢と魂の年齢は違うんだなって実感しましたconfident

何でも見た目で判断してはいけないよって
教えてもらった瞬間でもありましたnote

大きな力って自分の中に確実にあるんですよねscissors

投稿: みゅー | 2010/03/07 12:24

こんばんは
14歳の女の子の詩だったんですか。
私はこの詩を読んだとき、なぜか年輩の男性をイメージし、
そのまま長い間そう思いこんでいました。

なんて深い愛の詩なんでしょう。


ただ、
>なぜ私がもっともあなたを必要としている時に
 私からお離れになっていたのか

 一人分の足跡しかなかった時期には
 私はお前を抱き上げて歩いていたのだ。

という場面で、深い愛に守られている安心感を感じると共に、
神をなじったおじさんが真実を告げられて唖然としている姿を想像して、不謹慎にも吹き出しかけてしまいました。
このおじさんの行動はそのまま私の心そのものでした。coldsweats01

投稿: 花姥 | 2010/03/06 20:51

まささんへwineshine

まささん
一日おつかれさまでした^^

まささん 今日の続・旅レポよかったよ(^^v
旅のおすそ分け ありがとうnotes

この詩いいでしょう^^
みゅーの大好きなひとつです^^

>>ココロもカラダも包まれたいときに・・・
寄り添ってくれる 愛だわ~<<

相手のこころの支えにもなれたらうれしいし
自分もそうだとしあわせだしね^^
お互いを想い合える愛がうれしいね まささんshine

今日もありがとうheart04


投稿: みゅー | 2008/07/23 23:52

  みゅーさんへ

 感動しました とても14歳の子が!とびっくり
しました 不安で孤独なときに
自分で抱きしめるようなしぐさを自然にするのも
母親に抱きしめられた記憶からなのでしょうか
 と感じましたね
ココロもカラダも包まれたいときに・・・
寄り添ってくれる 愛だわ~

投稿: まさ | 2008/07/23 23:16

ののちゃんへcakeshine

とっても深い愛の詩だねののちゃんshine

一番苦しかったときには
誰よりも側で見守っていてくれたんだねweep
足あとは神様のものだった^^

ののちゃん
実家でゆっくりできたかな^^

今週はずっと暑いんだって(>▽<

お互い体調気をつけようね。

今日もありがとうheart04

投稿: みゅー | 2008/07/23 21:28

あ~、だめだぁ。゚゚(*´□`*。)°゚。
こういうの弱いの
涙出そうな詩だぁ・・・

私はお前を抱き上げて歩いていたのだ ってとこが・・
14才の女の子が書いたなんて!
素敵な詩だね+゜。(*´∀`*)+

今日も一日暑かったね、みゅーちゃん♪
あたしはまた実家でパワーをもらってきたわヾ(´∀`*)ノ

お━(◎´∀`◎)ノ━えん☆

投稿: のの | 2008/07/23 19:37

pipimさんへbookshine

pipimさん おはよう^^

いい詩ですよねconfident
辛くて孤独を感じるとき私もあります。

そういうとき この詩を想い出します^^

>>そのとき、もし自分の周りに誰もいなくても、
たとえ天涯孤独の身になっても、
神様には愛されているんですね。<<

自分の中に大きな愛の存在を知った時
揺るがない自分でいられる気がしますshine

pipimさんもみゅーも
神様に同じように愛されていることを
知っている^^

ということは
pipimさんとみゅーもこころの深いところで
つながっているということですね^^

ひとりじゃないんだよね^^

大きな存在に感謝できたとき
全てのひとたちを愛おしく思えるのでしょうね。

その時本当の癒しに包まれるのかもしれません^^

pipimさんは愛を与えられる人
pipimさんに出逢えた奇跡に感謝しますshine

投稿: みゅー | 2008/07/23 11:43

おはようございます(^o^)丿


とても良いお話ですね。
ジーンときました。


私たちは一人じゃないんですね。


辛くて孤独を感じるときがありますが、
そのとき、もし自分の周りに誰もいなくても、
たとえ天涯孤独の身になっても、
神様には愛されているんですね。


神様から頂いた、この無償の愛を、
人にも与えられる人間になれたらいいですね。


今日も良いお話し、ありがとうございましたm(__)m


投稿: pipim | 2008/07/23 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210365/41834417

この記事へのトラックバック一覧です: 愛に包まれている:

« こころもバランス | トップページ | 原点に返る »